男のサポート

男のサポート受けてましたね。
社会人になってすぐに、体調壊しちゃったんですよね。
それで、スタート出遅れたもんで、新入社員で仕事の覚えも悪いし、だんだん取り残されて行くような感じになって・・・
結局、体調も戻らず、精神的にも追い詰められて退職。
実家に帰ろうと一瞬思ったけど、大学でゲイの方向に目覚めて、路線変更したから、今さら地元にも戻れない。
それで、男のサポートとかで相手見つけてウリみたいなことしてお金もらってたことあります・・・。
男のサポート受けるという解決策が、全員に適用するとは思わないけど、自分の場合はそれで救われました。
まず、ああいうところで男のサポートっていう人って、起業してたり自営やってたり、独立して仕事してる人が多いんですよ。
ノンケを落とす
それで、こっちの事情知ってくれる人がいれば、「知り合いの会社で募集してるけど」とか「うちのバイト抜けてちゃって困ってるからどう?」って声かけてくれたり。
なんやかんややってたら、いつの間にか自分もそこそこ食えるようになってて。
やっぱり、身近で経営やってる人とか、自営やってる人がいることで勉強になることってあるんですよね。
あー、こうやって仕事こなして行けばいいんだ?って実際に仕事を手伝うようになってから理解したこと多いです。
会社にいた頃は、そういう基本的なことが分かってなかったんです。
いきなり、大きな会社で歯車の一つとして突っ込まれると、何していいか分からない。
だけど、そこから一歩離れて全体から見られるような機会があると、よく見えてくる。
男のサポートって金だけじゃないんです。
食われノンケ
男のサポート掲示板

カテゴリー